便秘解消の必要性

 - 

私たちの体内に摂取した食べ物は消化吸収されて24時間後には体外に排出されるのがスムーズな流れです。基本的に1日に一度スムーズに排便がされ、排便後にはお腹がスッキリする感覚があれば正常な排便がされていると言われています。しかし、中には食べ物を摂取しているにもかかわらず排便が毎日されなかったり、排便はあったとしてもお腹に何か残っているような感覚がある人がいます。このような状態にあるのが便秘であり、多くの人が便秘で悩んでいるのです。

便秘になるとただ排便がないだけではなく様々な病気の原因となります。便が体内に残るということは老廃物が体内に蓄積することとなります。たまった老廃物は血管に吸収されて体内の様々なところで不調の原因となります。頭痛や肩こり、疲れやすさやだるさ、ニキビや肌荒れ、冷え性やむくみといったものはこのような老廃物の含まれた血液が循環することで起こります。老廃物が溜まることで、腸内の細菌の毒素が出てきて口臭や体臭の原因にもなります。

また、腸内環境が悪くなると栄養の吸収がしにくくなり、脂肪がつきやすくなりますし必要以上に食事をすることになり肥満がどんどん進んでいきます。肥満だけでなくがんのリスクや腸閉塞の原因にもなり入院や手術、場合によっては命を落とす危険性もあるのです。便秘くらいすぐ治ると簡単に考えずきになるようになってきたらすぐに食生活を改善したりオリゴ糖を摂取したりという簡単にできることからケアを行って便秘改善と予防を行っておくことが重要なのです。


オリゴ糖と便秘改善

 - 

オリゴ糖が便秘の解消に効果的とされているのにはオリゴ糖の性質に関係があります。オリゴ糖の成分というのは胃で吸収がされずに腸まで届けることができます。腸まで届くことで、腸内にいるビフィズス菌のエサとなり善玉菌を増やす役割を果たします。腸内というのは善玉菌と悪玉菌がおり、善玉菌が優位な状態にあるときに腸内環境が整います。

善玉菌を増やすためには、善玉菌となる発酵食品を多く摂取するか、善玉菌の働きが活発になるよう善玉菌のエサとなるものを摂取するかという方法があるのです。オリゴ糖を摂取することは腸内の善玉菌を活発にして増やすことに効果があり、善玉菌が増えることで腸の動きが良くなり便秘解消につながるのです。

ただし、オリゴ糖の摂取の方法にはいくつか気をつけることがあります。まず、腸までオリゴ糖が届くものの腸に滞在する時間は短いのでこまめに摂取して腸内でオリゴ糖とビフィズス菌が結びつく機会を増やすことが重要です。また、オリゴ糖もその人の腸内に多くいるビフィズス菌によって好みのものが異なります。

そこで、オリゴ糖は複数種類のオリゴ糖が含まれているものを摂取するのがオススメです。そして最後にオリゴ糖を摂取して効果を感じやすいタイミングにも個人差があります。食事中の摂取が良い人もいれば就寝前という人もいます。そこでいくつか試してみて自分に合った方法を見つけ出すことが有効です。

参考サイト|カイテキオリゴ


オリゴ糖とは

 - 

ここ数年、健康ブームが続いており多くの人が元気に長く生きられるようにと様々なことを行なっています。ジムやヨガに通ったりウォーキングをしたりという運動を心がけたり、食事に気を使ったりサプリメントを摂取したりということが主なこととしてあり、誰もがその中の一つにはチャレンジをしているとされています。このように様々なことをする中で、毎年のように何かブームとなるものが出てきては定着をしたり新しいものが出てきたりということを繰り返しています。このような健康ブームの中で出てきて注目されているものの一つにあるのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は糖質の一種で、砂糖よりも糖度が低くなおかつカロリーも低いためにダイエットや糖尿病食の作成のために使われることが多くありました。それが、ここ数年便秘対策に効果的ということで注目されています。今や2人に一人は便秘であると言われていますし、小・中学生の便秘も目立っており社会的な問題となっています。

オリゴ糖であれば母乳にも含まれる成分であることから乳幼児から体内に摂取しても問題ないと言われており、若い世代から高齢者までの便秘の症状改善に効果を発揮します。しかし、ただやみくもにオリゴ糖を摂取すれば便秘が改善するわけではなく摂取の方法にも気をつけるべきです。そこで、ここでは便秘の解消にオリゴ糖が効果的な理由と便秘を解消するために効果的なオリゴ糖の摂取方法、そして便秘を解消することの重要性について紹介をしていきます。